毛穴トラブルの種類

毛穴トラブルの種類

毛穴が目立つと言っても、その症状は人それぞれ。
ここでは、どのような毛穴トラブルがあるのか、代表的なものを見ていきましょう。

 

まず、脂性毛穴ですが、これは過剰に分泌される皮脂が原因です。
このタイプの方は、油取り紙や洗顔回数を増やして皮脂を流してしまいがち。

 

そうすると、肌は自衛のためにより一層皮脂を分泌し始めますので、ご注意を。
皮脂が毛穴に詰まった状態になってしまうと、汚れや古い角質といっしょに角栓を作ってしまう詰まり毛穴に。

 

さらに、この角栓が酸化し、黒ずんできたものを角栓毛穴。
指で押しだしたり、ピーリングやスクラブ洗顔を繰り返すと、刺激を与えてしまうので避けましょう。

 

角栓に雑菌が繁殖して炎症したり、指で押しだしたりと刺激を与えると、メラニン色素を生成し始めます。
毛穴周りが黒ずんで見えるメラニン毛穴まで進むと、改善に時間がかかってしまいます。

 

皮脂以外にも、加齢によって起こるたるみ毛穴があります。
年齢とともに、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチン、また、水分を保持するヒアルロン酸などは減少していきます。

 

そのため、肌自体のたるみも起きてくるのですが、毛穴も同じことです。
毛穴の周囲が陥没し、広がってしまうたるみ毛穴は、ドラッグストアなどで見かける毛穴ケアグッズでは改善が難しいもの。

 

毛穴自体の汚れというよりも、土台となる肌の水分やハリ成分を補って行く必要があるためです。
たるみ毛穴が進んでしまうと、毛穴どうしがつながってシワのようになるライン毛穴に。

 

ファンデーションが筋になってしまったり、夕方によれてしまうという方、
ライン毛穴かもしれませんよ。

 

他にも、乾燥は毛穴を浮きだして見せてしまったりと、水分不足は美肌の大敵ですね。