毛穴と乾燥の関係

毛穴と乾燥の関係

毛穴を目立たせる原因は、皮脂の過剰分泌による開きと、乾燥によるキメの乱れです。
意外に思われるかもしれませんが、皮脂の過剰な分泌も乾燥によるものが多いのですよ。

 

皮脂は、肌の表面を守り、弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぐ役割を持っています。
そのため、肌が乾燥してくると、水分をこれ以上逃がすまいとさらに分泌されてしまうのです。

 

皮脂のべたつきでお悩みの方に多いのですが、保湿ではなく、取り去るケアに重点を置きがち。

 

皮脂を取り去るための油取り紙や、必要以上の洗顔、強い洗浄力の洗顔料など、
肌を守るための皮脂までも洗い流してしまいます。

 

すると、肌はより一層皮脂分泌を進めますから、皮脂のケアをしているようで、実は悪循環ということも。
表面のべたつきで保湿をさほど重視しない方もいらっしゃるようで、乾燥はますます進んでしまいます。

 

肌の乾燥は、肌が生まれ変わるチカラ、ターンオーバーをも乱れさせてしまいます。
その結果、古い角質がたまってしまい、毛穴をふさぐことにもつながりかねません。

 

また、肌のキメにも乾燥は大敵。

 

キメの整った肌は、ふっくらと水分はハリ成分で保たれている状態ですが、
乾燥すると、しぼんで不均一になってしまいます。

 

すると、毛穴自体が目立つようになってくるのです。
そして、もうひとつ深刻な毛穴トラブルが、たるみ毛穴と呼ばれるもの。

 

加齢や水分不足が原因で、毛穴が縦長に伸びてしまった状態です。
肌の弾力を保つ成分は、年齢とともに減少していきます。

 

皮膚がたるんでくると、毛穴の周辺はくぼんだり、広がって見えることも。
これは、皮脂対策のケアでは改善できない悩みですね。

 

たるみを引き起こすのは、ハリ成分の減少に加え、水分不足も大きな要因。
毛穴にお悩みの方、保湿ケアを見直してみませんか?